タイトル、説明文、キーワード等のタグ最適化

タイトル(title)

ソース画像

htmlのソースの中で一番重要な部分としてはまずタイトルタグが挙げられます。上記のhtmlソースを参考にご覧ください。

6行目がタイトルタグと言うものです。この部分はSEO的に最も重要ですし、検索結果にもタイトル部分が出ますのでしっかりと考えて設定することが必要です。 一般的にはサイト名+αのような形が多いですね。あまり長くなりすぎないようにしてください。

SEOのターゲットキーワードは1~2回程度、3回以上同一キーワードを含めると順位にマイナスの影響が出やすいのでご注意ください。

メタディスクリプション(description)

7行目にある部分がサイトの説明文になります。ヤフーやグーグルで検索して表示される場合の説明の文章としても使われますので重要です。またSEO的にも重要ですので目的のキーワードはかならず含まれるように設定してください。(SEOターゲットキーワードは1回含まれる形で充分です。)
文字数的には全角で80文字~120文字が良いと言われています。

メタキーワード(keywords)

8行目の部分がメタキーワードと呼ばれるものです。最近では殆ど意味がないと言われていますのでいっそのことなくてもよいですが、入れる場合であればページあたり、3~5キーワードあたり入れて下さい。

同一キーワードを複数入れると過剰SEOと検索エンジンに思われる場合がありますのでお気を付け下さい。

また、ここで注意してほしいのは、「リフォーム東京」「リフォーム神奈川」「リフォーム千葉」などのように組合せで入れないことです。この場合は検索エンジンにはリフォームと言うキーワードが過剰に出てきていると認識される可能性があります。

この場合であれば「リフォーム」「東京」「神奈川」「千葉」と入れましょう。

キーワードの区切りは「、」ではなく「,」ですのでお気を付け下さい。

↑page top

ホームページ制作@Web リサイクルトナーエコ便
***